姫路城.jpは、最新で有益な日本語ドメインの情報を無料で提供しています!



姫路城.jpのロゴ
日本ドメイン.jpの説明

『姫路城.jp』とは、経営コンサルという言葉そのものをドメインとしたものです。

姫路城.jpトップへ >用語集
姫路城.jpとは
  • 姫路城.jpとは
  • お客様の声
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 姫路城.jp

    姫路城.jpとは 用語集 お客様の声 姫路城.jpのQ&A お問い合わせ ご相談フォーム 今後の展開 会社概要 代表挨拶パートナー募集中 セキュリティーポリシー 免責事項 特定商取引法に関する表記


    おすすめ情報



    姫路城.jp関連

    価格 特徴 比較 使い方 情報系 イベント メディア サービス 関連用語 地域情報 国内情報 主要都市 資料請求 問合方法 ビジネス ターゲット キーワード テレビ番組 コマーシャル インターネット スケジュール

    姫路城.jp日本語ドメイン用語集

    姫路城.jpは、日本語ドメインです。


     
    ドメインとは?
     

    ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたります。「住所」ですから、同じものは世界にふたつとありません。たったひとつだけです。
    ドメイン取得は先着順になっており、基本的に、先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。裏をかえせば、どんなドメインでも最初に申請すれば、それがあなたの「住所」になります。

    ドメインはホームページアドレスやメールアドレスのなかに含まれています
    ドメインは、ホームページアドレスやメールアドレスのなかに含まれています。


     
    レジストリとは?
     

    インターネット上の住所にあたるドメイン名の登録申請を受け付け、データベースの管理やアクセス手段の整備などを行なう管理組織。データベースを一元的に管理するため、ドメインの領域(トップレベルドメイン)ごとに一つのレジストリが存在する。

    日本を表す「.jp」ドメイン(JPドメイン)を管理しているレジストリは、JPRS(株式会社日本レジストリサービス)である。

    これに対し、一般の個人や企業などからドメインの登録申請を受け付け、レジストリに登録申請を仲介する事業者はレジストラと呼ばれる。レジストリは登録申請を行なうすべてのレジストラに対して中立・公平であることが求められ、ICANN認定レジストリでは各レジストラに平等に共有登録システム(SRS:Shared Registry System)の利用を許可する必要がある。

    新しいgTLD(「.info」「.biz」「.museum」「.aero」「.coop」「.name」「.pro」)については、レジストリとなる組織がICANNより個別に指定され、VeriSign GRS社が独占していたgTLDレジストリの地位の分散が図られている。

     
    レジストラとは?
     

    ICANNに認定されているレジストラは、直接レジストリと契約を結び、非営利団体 ICANNのレジストラ認定方針(Registrar Accreditation Policy)とレジストラ認定規約(Registrar Accreditation Agreements)に基づき、十分な資源と意欲、技術、ビジネス能力を持っているドメイン登録業者です。

    レジストラは、各レジストリとレジストリ・レジストラ契約(Registry-Registrar Agreement)を結び、SRSを使用してレジストリデータベースに直接ドメイン情報を登録する事が できます。

     
     
    ICANNとは?
     

    ICANNとは、The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers の略で、米国政府や代行機関により遂行されていたドメイン名登録業務、IPアドレスなどの管理責任を、民間のインターネットの利害関係者が設立する非営利団体に移管するという方針により設立された非営利団体です。

     
    TLD トップレベルドメインとは?
     

    インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子。インターネット上の住所のようなもの。  数字の羅列であるIPアドレスは人間にとって扱いにくいため、アルファベットと数字(と一部の記号)を使うことができるドメイン名を別名として運用するようになった。  

    ドメイン名とIPアドレスを対応させるシステムはDNSと呼ばれ、全世界のDNSサーバが連携して運用されている。  ドメイン名は実世界の住所のように階層構造になっており、「.」で区切られた右側からトップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメイン…と並んでいる。  

    トップレベルドメインは、国ごとに割り当てられるccTLDと、国の概念がなく別の基準で割り当てが行なわれるgTLDの2種類がある。ドメイン名の衝突を防ぐため、ドメイン名の管理はICANNという組織が一元管理しており、ICANNから委任を受けた各国のNICやレジストラ・レジストリなどの組織が割り当て業務を行なっている。  

    gTLDや多くのccTLDは、セカンドレベルドメイン(右から2番目の部分)が取得者の希望する名前になるが、一部のccTLDは、セカンドレベルドメインに組織種別を、サードレベルドメインに名前を割り当てている。  日本のccTLD(JPドメイン)は、セカンドレベルが組織種別をあらわす属性型JPドメイン名と、セカンドレベル~サードレベルが自治体名になっている地域型JPドメイン名、セカンドレベルに取得者の希望する名前を登録する汎用JPドメイン名が混在している。

     
    IPアドレスとは?
     

    インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号。インターネット上ではこの数値に重複があってはならないため、IPアドレスの割り当てなどの管理は各国のNIC(ネットワークインフォメーションセンター)が行なっている。

     
    DNSとは?
     

    インターネット上でのコンピュータの名前にあたるドメイン名を、住所にあたるIPアドレスと呼ばれる4つの数字の列に変換するコンピュータ。

    個々のネームサーバは自分が管理するネットワークに接続されたコンピュータのドメイン名とIPアドレスの対応表を持っており、外部からの問い合わせに答える。

    インターネットには無数のネームサーバが存在しており、ドメイン名に対応した階層構造になっている。最上位に位置するネームサーバは「ルートサーバ」と呼ばれ、全世界に13台が分散配置されている。

    全世界のネームサーバが連携してドメイン名とIPアドレスを対応させるシステムを「DNS」(Domain Name System)と呼ぶため、ネームサーバは「DNSサーバ」とも呼ばれる。

    「www.kantei.go.jp」というドメイン名を持ったコンピュータのIPアドレスを探す場合、まずルートサーバに問い合わせる。

    ルートサーバは「jp」ドメイン全体を管理するネームサーバのアドレスを答えるので、「jp」ドメインのネームサーバに問い合わせを送る。

    「jp」ドメインを管理するネームサーバは、さらに「go」ドメインのネームサーバのアドレスを答え、「go」ドメインのネームサーバは「kantei」ドメインのネームサーバを答え、「kantei」ドメインのネームサーバは「www」というコンピュータのIPアドレスを回答する。


     
    ネームサーバーとは?
     

    上記の「DNS」(Domain Name System)のことです。

     
    Punycodeとは?
     

    多国語ドメイン名を既存のDNSで運用できるためにASCII文字以外の文字列をASCII文字に変換する符号化手法(ACE:ASCII Compatible Encoding)の1つ。IETFにより、RFC 3492として標準化されている。

    ACEによって生成される多言語ドメイン名では先頭に「xn--」(Punycode)、「bq--」(RACE)の識別子の後に符号化された文字が続き、例えば「www.(日本語ドメイン名).jp」がPunycodeでの変換後は「www.xn--(符号化されたASCII文字列).jp」となる。

    Punycode の標準化とともに、多国語ドメイン名を実現するACEとして従来用いられていた RACE(Row-based ACE) に代わりPunycodeの本格的な運用が開始された。汎用jpドメインを管理するJPRSでは2003年7月からRACEとPunycodeの併用を開始、同年9月にはRACEの運用を停止し、Punycodeでの運用化に一本化した。ただし、gTLDにおける日本語ドメイン名を管理する VeriSign Naming & Directory Services では現在、RACE のみでの運用が行われている。


    【経営コンサルというキーワードに関連性が高い用語のリスト】
    EEE

    姫路城.jp